雷雲はライダーを追いかけてはいない >

雷雲はライダーを追いかけてはいない

あなたが考える「アイスティー」と、みんなが感じている「豚の角煮」は、もしかしたら全然違っているかも。そんなことを想像してみると、なんだか不思議だね。
写真

寒い週末の夕暮れにこっそりと

水彩画やフォトなど芸術が好きだし、絵も下手ではないけれど、写真が非常に下手だ。
なのに、過去に一人前に、一眼を重宝していた時もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
笑えるほど焦点が合ってなかったり、ユニークな配置なので、一眼がくすくす笑っているようだった。
それは置いておいても、カメラや現像はやっぱりとても、クールだと思っている!

天気の良い水曜の夕暮れに熱燗を
見学するのにうんと長く歩き進まなくてはならない動物園は、9月はものすごく暑すぎて厳しい。
知人と奥さんと子供と私と妻と子供とそろって入ったが、ものすごく蒸し暑くてだるかった。
非常に蒸し暑いので、動物もほとんど動いていないし、奥の日陰に潜んでいたりで、ひどく見えなかった。
今度は、涼しい水族館などが天気もよく暑い日はいいかもしれない。
子供が小学生になったら夏期限定の夜の水族館や動物園も雰囲気が違って楽しめそうだ。

そよ風の吹く月曜の午前は読書を

笑った顔って綺麗だなーと思っているので、何があっても笑顔で過ごせるように心がけている。
なるべく、時と状況と見て。
しかし、他の人にそんなものだと強制してはダメ。
結局は、一概には言えないが、個人的な価値観として。
会社にいる時はシリアスな顔で必死で商談をこなしていた人が、笑顔になった瞬間。
すごーく大好き。
目じりに皺ができる人がタイプ!と話していた友達。
気持ちも納得できるかもしれない。

気どりながら踊る母さんとぬるいビール
自分自身、肌が弱く、化粧は当然使えないし、ケアも限られている。
従って、果実やサプリメントの力に頼ることになるのだが、ここ最近口にしているのがゼラチンだ。
コーヒーに入れて、日々習慣にしているけれど、多少肌が艶やかになった。
それに、実行してから効果が出るまで、即効性があったので、びっくりした。

笑顔で吠える父さんと飛行機雲

このライカの一眼レフは、昨日、海岸で見つけた物だ。
昨日は、7月の終わり頃で、ちょうど半ばで、いつものように暑い日だった。
パルコで買い物中、大好きな恋人と気まずくなってしまい、もう話したくないと言われたのだ。
そこで深夜、自宅からこの海岸まで走ってやってきて、海岸をじっと見ていた。
その時、少々砂をかぶったこの一眼に出会った。
持って帰って、重さに驚いて色々なフォトを一枚撮影してみた。
一眼の持ち主より、うまくとれているかもしれないと思った。
彼女の笑った瞬間撮りたいなー、とか、なかなかピント調節って丁度良くならないなーとか心の中で思っていた。
次の休み、どうにかして会う約束ができたら、恋人に僕が悪かったと謝りたい。
そして、この一眼、警察に届けるつもりだ。

泣きながら泳ぐあなたと花粉症
夕方、時間に余裕が持てたので、ゲオに向かった。
新しくウォークマンに入れる音楽を見つけ出すため。
ここ最近、かなり聞いたのが西野カナ。
だいたい聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品も素敵だと近頃思う。
と思い、今日は借りたのは、フレンチポップだ。
甘い声とフランス語の発音がカッコイイと思う。

雨が降る火曜の夜は座ったままで

近頃、物語を読むことはわずかになったが、一時前に北方謙三さんの水滸伝に熱中していた。
過去の水滸伝を見た時は、読みにくくて、はまらなかったが、水滸伝の北方謙三版を読んだときは、熱中し、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事の休憩中や家に帰ってからの夕食中、湯船の中でも読んで、1日一冊ずつ読破していた。
登場キャラクターが血が通っていて、男らしい登場人物がものすごくいっぱいで、そこに心酔していた。

風の強い日曜の夕方に焼酎を
北方謙三さんの水滸伝の人間くさく凛々しい人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った作中人物が108人でてくるが、敵方、権力側の人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
人物に人間くさい弱さが見えるのもやはり、はまっていた理由だ。
弱いなりに自分の夢とか将来の為に能う限り 頑張っているのが読みとおしていてひきつけられる。
読み進めていて楽しい。
ところが、魅了される登場人物が不幸な目にあったり、夢がなくなっていく描写も心にひびくものがあるから魅了される歴史小説だ。

控え目に大声を出すあいつと俺

久しく行ってなかった外での仕事の当日、初めて仕事で組んだAさんという男性は、がっしりとした男性だ。
初対面でお会いした時以降近寄りがたく、仕事以外での会話は少ししかしたことがなかった。
その時、何気なくAさんの腕まくりした手首を拝見してかなりびっくりした!
大きなパワーストーンブレスレットいくつもつけられていたため。
思わず、天然石詳しいんですね!と話しかけてしまった。くらい。
するとAさんは得意げで、しかも子供っぽい表情で、それぞれの石の由来紹介してくれた。

笑顔でダンスする妹と私
まだまだ社会に出てすぐの頃、知識がなく、大変な厄介なことを誘発してしまった。
悔いることはないといってくれたお客さんたちに、お詫びの方法も浮かんでくることがなく、号泣してしまった。
お客さんの一人が、ドトールのコーヒーを差し入れと言いながらくれた。
誤って2個もオーダーしちゃったんだ、とニコニコしながら違う種類の飲み物2つ。
背が高くて痩せててすっごく感じのいい雰囲気をもっていた良いお客さん。
悪かったな、と思い返す。

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 雷雲はライダーを追いかけてはいない All rights reserved.
▲ページの先頭へ