雷雲はライダーを追いかけてはいない >

雷雲はライダーを追いかけてはいない

アンケート等で、「台風」のことについて尋ねられたとしたら、アナタはどんなことを返答する?「事実」は、人によって受け止め方が全く違うかもしれない。
写真

気持ち良さそうに口笛を吹く母さんと観光地

メジャーな見どころである、法隆寺へ出向いた。
法隆寺独特だという伽藍配置も十分見せてもらって、五重塔、講堂も見学できた。
資料館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ大きかった。
このお寺についてを知るには多分、かなりの時間を欲するのではないかとみている。

雹が降った火曜の夕方は足を伸ばして
ある晴れの日、少年はお母さんからおつかいをたのまれて、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行く途中であった。
少年はひそかに嬉しかった。
今日はお鍋だ!やったぁ!…と。
だが、予想だにしない事がその時起きた。
なんと、ポッケにあるはずのお使い用のお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーマーケットのレジの行列に並ぼうとする時、大丈夫だよね、とズボンのポケットをまさぐって確認してみたのだ。
そして、その時お金が無くなっているのを知ったのである。
怒られるのを承知で、少年は何も持たずに家へ向かうことにした。
次回からは、お金は靴の中か靴下の中にしまっておこう。
少年は涙をこらえつつ、固く決意した。

喜んでダンスする兄弟と夕焼け

実際に行きたくて思い焦がれていた所、それは真鶴半島だ。
この地を知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美の小説。
内容が深く、自分の幼い感覚では、まだまだ深い感動はしていない。
でも、表される真鶴岬の雰囲気が好きで、行ったことのない真鶴に憧れていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の真ん中にあるここ。
突き出た部分が真鶴岬。
岬の少し先、海面から見えているのは三ツ岩という大きな石3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、海水が引くと歩いてたどり着ける。
願いが叶い、話の中のこの様子を見に行くことができた。
私のデジカメのメモリーは真鶴の様子がいっぱい。
旅館のお姉さんに、また来たいと話すと喜んでくれた。

どんよりした大安の晩に読書を
いつものEくんがくれるメールの中身は、何を語りたいのか何も分からない。
飲んでてもシラフでもいまいち良くわからない。
しかし、Eくんが会社で考えたという、会社の商品の梅干しに関してと、寄付金についての文書を読む機会があった。
まともな文章書くことが出来るんだ!と思い、感心した。

どしゃ降りの大安の昼は食事を

いつものショッピングセンターで夕飯の買い物をしていた。
冷食部門でアスパラを選んでいた。
いろいろ探していたら、ハングルで書かれた商品を発見した。
確認すると、トッポギだった。
先月明洞へ向かった時に、何回も韓国に旅している先輩に教えてもらったのがトッポギ。
海を越えた日本で冷食になって、屋台のトッポギが購入できるなんて、びっくりだった。

風の強い土曜の晩は焼酎を
私は前から、肌がまったく丈夫じゃないので、気を付けないとかぶれる。
それもあるし、ボディーシャワーの素肌にこびりつくタイプが好ましくない。
それだと、寒い季節はもちろん乾燥するので、なるべく余計な薬品が入っていないスキンローションを使用する。
これらの品のガッカリな部分は、価格がとても高いところ。

怒ってダンスする姉妹と電子レンジ

ブームが去った今、ニンテンドーDSに依存している。
最初は、TOEIC対策に英語漬けや英語のソフトを使っていただけのことだった。
だけど、ベスト電器でソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、いつも購入してしまう。
ピクロスDSやマリオパーティー、どうぶつの森など。
旅行に役立つ、旅の指さし会話帳も出ている。
例えば、電車内などの退屈な時間にも活躍しそうだ。

無我夢中で踊るあの子と擦り切れたミサンガ
短大を卒業して、会社に入ってたくさんの人に囲まれて雇われていた。
しかし、数年たつと、人と一緒に働くのが無理だと痛感した。
縛られる時間が長く、チームプレイで進めていくので、仕方のない事だが、噂話が多い。
それを元に、仲よくすれば上手くやっていけるのかもしれない。
しかし、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
厄介なことに、作業がスローな人に合わせて進めるという我慢ができない、早い人についていけない。
そもそも努力が見られない!と思うだろうが、家族には運命なのだと言われた。

夢中で吠える先生と夕立

ひえしょうにかかってからは、多少は身にこたえるけれど、どう考えても寒い季節が気に入っている。
空気が乾いているので、カラリとした匂い、それにヒーターの心地よさ。
寒さの中の陽の光って贅沢な気になれるし、一眼レフを持って行った、夕方の浜辺も綺麗。
季節の空気を撮る場合は、性能のいいカメラもGOODだけれどトイカメラでめちゃくちゃシャッターを押しまくるのが絶対良い感じの写真が発見できる。

無我夢中で大声を出す弟と気の抜けたコーラ
さやかちゃんは一見おとなしそうに見られるようだけど、かなりアクティブな女友達。
優しい旦那様と、1歳の賢治くんと、3人でドーナッツ屋さんのななめ向かいのアパートに住んでいる。
正社員の仕事も子育ても男の子行い、かなり忙しいけれど、時間の有効活用は上手。
少しでも暇を見つけると、今夜は空いてる?など絶対メールをくれる。
私はよくホットケーキを持って、彼女のお宅に遊びに行く。

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 雷雲はライダーを追いかけてはいない All rights reserved.
▲ページの先頭へ