新宿区 任意整理 弁護士 司法書士

新宿区に住んでいる人が借金・債務整理の相談をするならココ!

借金が返せない

多重債務の問題、借金の悩み。
借金・お金の悩みは、自分だけではどうにもならない、深刻な問題です。
しかしいきなり、司法書士や弁護士に相談するのも、少し不安になったりするものです。
このサイトでは新宿区で借金・債務のことを相談する場合に、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
ネットを利用して相談が可能なので、初めての相談という方も安心です。
また、新宿区の地元の法律事務所や法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。

新宿区に住んでいる人が任意整理や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の債務や借金返済解決の相談なら、ココがお勧めです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所。
初期費用が0円だから、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをストップするのもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金や債務に関して無料で相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に合った方法で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないため、お得に解決できます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので新宿区にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場に悟られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の新宿区周辺にある弁護士や司法書士の事務所を紹介

新宿区には複数の法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

新宿区にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、相談しやすいのではないでしょうか。

新宿区在住で借金の返済問題に困っている状況

借金がかなり大きくなると、自分だけで完済するのは難しい状態になってしまいます。
あっちで借り、こっちでも借り、多重債務で借入金がどんどん膨らんでいくと、もやは金利を払うのですら厳しい状態に…。
1人で返そうと思っても、どうにもならないものはどうにもなりません。
親や親類などに頼れればまだましですが、結婚していて旦那さんや奥さんに知られたくない、という状況なら、いっそう大変でしょう。
そんなときはやはり、司法書士・弁護士に頼るしかないでしょう。
借金・お金の問題を解決するための知恵や計画をひねりだしてくれるはずです。
月ごとに返すお金を大幅に減らしてもらい、長期で返済したり、過払金を返してもらい、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうにもならない状況なら弁護士・司法書士に相談してみませんか。

新宿区/借金の減額請求って、なに?|任意整理

多重債務などで、借金の支払いが大変な状況に陥ったときに効果がある進め方の1つが、任意整理です。
今の借入れの実情をもう一度認識し、以前に金利の過払い等があるならば、それ等を請求、又は現在の借入れと差引して、かつ今の借入れについて今後の金利を縮減してもらえる様要望する進め方です。
只、借入れしていた元本につきましては、必ず払戻をする事がベースであり、利子が少なくなった分だけ、前より短い時間での返済がベースとなってきます。
ただ、金利を支払わなくてよい代わり、毎月の返金金額は少なくなるでしょうから、負担は減ると言うのが一般的です。
只、借入れをしている消費者金融などの金融業者がこの今後の金利に関連する減額請求に応じてくれない場合、任意整理は出来ません。
弁護士に依頼したら、必ず減額請求が出来ると思う人も大勢いるかもしれないが、対処は業者によっていろいろであり、応じない業者も有るのです。
ただ、減額請求に応じてくれない業者は極少数です。
だから、実際に任意整理を行って、貸金業者に減額請求を行うと言うことで、借金の心配が減少すると言う方は少なくないでしょう。
実際に任意整理が可能か、どれほど、借入の払い戻しが縮減されるか等は、まず弁護士さんに頼んでみるということがお奨めです。

新宿区|自己破産のリスクってどんなもの?/任意整理

率直に言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。土地、高価な車、マイホームなど高値の物は処分されるのですが、生活のために必要な物は処分されません。
又20万円以下の貯蓄は持っていて問題ないです。それと当面の数ケ月分の生活に必要な費用が100万未満なら没収されることは無いです。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれも特定の人しか見ないです。
また俗にいうブラック・リストに記載されて7年間位の間はローンもしくはキャッシングが使用キャッシング又はローンが使用出来ない状態になるのですが、これはしようがないことでしょう。
あと決められた職種に就けなくなることが有ります。けれどこれもごく一定の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返す事のできない借金を抱えてるのなら自己破産をするというのもひとつの方法です。自己破産を進めれば今までの借金が零になり、新たな人生を始められるということで長所の方がより大きいと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や弁護士や税理士や公認会計士等の資格は停止されます。私法上の資格制限とし保証人、後見人、遺言執行者にもなれません。又会社の取締役などにもなれないのです。けれどもこれらのリスクはあまり関係無い時が多いのではないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃないはずです。